歯科衛生士の仕事内容

歯科衛生士になるためには、専門学校を卒業し国家試験に合格する必要があります。歯科衛生士は、歯科医師の介助をしたり、歯科指導を行う事が出来ます。資格の取得に年齢制限はないので、何歳からでも歯科衛生士になる事は出来ます。働く先は主に歯医者ですが、保健センターで歯科指導をする事も出来ます。子供がいる方は乳幼児健診に行った際に、歯科指導を受ける事が出来ます。その歯科指導を行っているのは、歯科衛生士なのです。

歯科衛生士の働き方!

歯科衛生士は歯科医院で働く事が多いでしょう。歯科衛生士は求人募集が多い仕事です。ですので、働き先に困る事は少ないでしょう。歯科医院での主な仕事内容は、歯科医師の診療の介助がメインになります。歯医者に行った事がある方はお分かりでしょうが、歯科医師の反対側に立ち、介助をしてくれています。よく唾液の吸引などをしてくれますね。歯科医師がスムーズに歯科治療を行える様にする事が仕事内容になります。それ以外にも歯科指導やレントゲンの介助などを行います。

歯科衛生士の勤務時間

歯科衛生士の勤務時間は、その勤務する歯科医院によって異なります。診療時間が18時までの歯科医院もありますが、夜遅くまで診療を行っている所もあります。休憩時間は2時間くらいある場合がありますが、歯科医院にいるトータルの時間は長いです。主婦の方は家事や子育てを行う必要があるため、勤務時間は限られてしまうかもしれません。子供が小さい内はパート勤務をして、子供に手が掛からなくなったら、正社員として働く方法を選択するのもいいですね。

歯科衛生士の求人に申し込みをするメリットは実に多くありますが、専門的な知識を習得するうえで、研修機会の恵まれているクリニックを見つけることが効果的です。